納豆キナーゼの意味はなんなのか。

最近、よく耳にするようになった納豆キナーゼですが、意味はご存知でしょうか。
納豆は日本人なら好き嫌いはあれど、ご飯のおともになるものとして老若男女知っていますよね。
この日本人にはおなじみの食べ物である納豆とナットウキナーゼとは関係があるのでしょうか。
名前に入っているだけあって、納豆と密接な関わりがあるんです。
まず納豆の製造工程で重要な発酵があります。
原料である大豆を煮て納豆菌を用いて発酵させる際に生成されるのがナットウキナーゼなんです。
この発酵過程において生成されるナットウキキナーゼはなんと、275個のアミノ酸で構成される分子量約27000のタンパク質分解酵素でできています。
そして納豆のみに含まれている酵素なので、もともと健康によいとされる納豆の価値があらためて見直されますよね。
納豆には血液をサラサラにしてくれる効果があるのですが、これはナットウキナーゼの持つ働きによるものです。
血液が凝固する時に血栓の主成分であるフィブリンというタンパク質を作り、血液をドロドロにしたり詰まらせてしまうことがありますが、ナットウキナーゼにはこのフィブリンを分解する働きも持っているんです。
とにかくカラダに良いナットウキナーゼ。
普通に納豆からも摂取できますが、ひとつ注意点が。
熱に弱いという弱点があるので食べる時は熱々ご飯は避け、少し置いて適温になったご飯と食べるとよいでしょう。
摂取しやすいサプリメントもあるので用法用量を守ったうえで気軽に摂取できます。

Article by Peoples

It seems like this author has no description. Add your discription/bio at user profile or disable this widget in theme customizer if you dont want to use it.