背中ニキビを治すアカスリとは

背中ニキビは厄介です。せっかく治ったと思ってもまたできてしまうことが多く、繰り返しできる背中ニキビの影響で皮膚が硬くなってしまうこともあります。通常は殺菌作用のある薬を塗ったり保湿を行って乾燥を防いだりしてケアを行うのが一般的ですが、背中ニキビが酷くなるとそれだけでは足りませんのでアカスリを利用します。
アカスリは皮膚へのダメージが大きいといわれていますので、背中ニキビに利用しても大丈夫なのかという不安を持つことがありますが、軟らかい素材でできたアカスリを使ってゴシゴシとこすらないようにすれば大丈夫です。アカスリでも素材が硬くてゴワゴワしているタイプがありますが、そのような素材では皮膚への刺激が大きくて、かえってニキビを悪化させてしまう恐れがありますので危険です。
アカスリを使う時には、軽くなでる程度にして古い角質を取り除くようにします。古い角質がいつまでも残っているとトラブルを含む肌細胞がいつまで経っても排出されませんので、ニキビをはじめとした肌トラブルもなかなか治らなくなります。ですから、定期的に古い角質を取り除けるようなケアを行うことは非常に有効であり、肌のターンオーバーを整えたり良いコンディションを維持するためには重要なことです。
アカスリを行った後は一時的にバリア機能が低下しています。早く元に戻さないとそれがリスクになりますので、しっかりと保湿を行ってバリア機能を高めるようにします。
背中ニキビ跡の治し方講座│原因は何?薬は何が良いの?はこちら

Article by Peoples

It seems like this author has no description. Add your discription/bio at user profile or disable this widget in theme customizer if you dont want to use it.